広告 旅のノウハウ

【移動手段まとめ】東京〜神戸を安く移動のおすすめは? 飛行機・新幹線・高速バスの料金・所要時間を比較

※本サイトではアフィリエイト広告を利用しています

みなさんこんにちは、tomotabitripです。

東京〜神戸を移動する方法はいろいろあるけどどれがいいのだろう?安く行きたい。

こんな悩みありませんか?

東京〜神戸を移動する方法は新幹線、飛行機、高速バスなどあり、結局どれがいいのか迷ってしまいますよね。

今回は東京〜神戸間の移動する方法とそれぞれの特徴について紹介します。

東京〜神戸間の移動手段は3つ

東京〜神戸間の移動手段は新幹線、飛行機、高速バスの3つ。

それぞれの所要時間と最安値の料金の目安は以下の通りです。

東京〜神戸料金所要時間
通常料金
(のぞみ)
15,490円
(普通車指定席)
2時間36分
EX早特21ワイド
(21日前までの予約)
12,630円
(普通車指定席)
2時間36分
いま得
(スカイマーク)
7,970円〜1時間20分
スパーバリュー75
(ANA)
9,610円〜1時間20分
高速バス
(夜行)
4,000円程度〜約9時間

新幹線を利用する

神戸まで行くことを考えた時に最初に思いつくのは新幹線ではないでしょうか!

東京駅から新神戸駅まで新幹線を利用した場合の通常料金は以下の通りです。

次の方法を使えば通常よりも安く利用できます。

EX早特21ワイドを利用する

新幹線の切符を駅で購入するのではなくインターネットの予約サービス「スマートEX」を使って予約・購入することで、割引運賃で新幹線を利用することができます。

スマートEXの中で「EX早特21ワイド」は乗車日の21日前までに購入することで、「のぞみ」の普通車指定席が一番安く利用できます。

発着駅片道料金
東京・品川〜新神戸12,630円
(2,860円引き)

こんな人にオススメ

  • 旅行や結婚式などあらかじめ予定が決まっている場合

「のぞみ」の普通車指定席を割引料金で乗れる「EX早特21ワイド」にも注意点があります。

注意点

  • GW、お盆、年末年始など繁忙期は対象外
  • 予約・購入は乗車日の1ヵ月前(10:00)から21日前(23:30)まで
  • 途中下車不可
  • 在来線に乗り継ぐ場合別途購入が必要

金券ショップを利用する

当日でも東京〜新神戸間の新幹線を安く購入する方法として、金券ショップで購入するという方法もあります。

こんな人にオススメ

  • 当日を含めて急に新幹線を利用する人

ただし、自由席のみの販売だったり、在庫がない場合もあるので注意が必要です。

注意点

  • 指定席はなく自由席のみ販売
  • 東京〜新神戸間の切符の取り扱いがない場合もある

日本旅行の新幹線+ホテルのパックはこちら

飛行機を利用する

羽田空港〜神戸空港にはスカイマーク、ANAが運行されています。
残念ながらJALの運行はありません

飛行機で東京〜神戸間を移動する場合の通常料金は以下の通りです。

スカイマークANA
通常料金約18,000円約29,000円

航空券の通常料金はかなり高いですが、次の方法を使えば通常料金よりも安く利用できます。

スカイマークを利用する

スカイマークはMCC(Middle cost carrier)と呼ばれ、いわゆるANAやJALのようなFSC(Full service carrier)ではないけれどLCCでもない中間の航空会社です。

もちろん、無料の荷物預けサービスや機内ドリンクサービス、無料の座席指定等、FSCと同様のサービスを受ける事ができます。

座席は全席エコノミークラスです。

スカイマークでは通常料金の他、早期割引サービスとして「たす得」、「いま得」料金が設定されています。

それぞれの料金・キャンセル料・予約変更可否については以下の通り。

たす得いま得
料金9,170円7,970円
予約変更不可
予約可能日搭乗前日まで搭乗3日前まで
予約取り消し料・航空券購入後~出発時刻まで:2,500円
・出発時刻以降:払戻不可
・購入日~搭乗日の30日前:4,000円
・29日前~出発時刻前:5,000円
・出発時刻以降:払戻不可

スカイマークはなんといっても安さが魅力!

こんな人にオススメ

  • とにかく安く移動したい人
  • 早めに予定が決まっている人

ANAを利用する

スカイマークと同じ路線をANAでも運行しています。

ANAの場合には早割の他、ビジネスきっぷ、株主優待券を利用した航空券など種類が豊富です。
自分の予定に合わせた航空券を選びましょう

早割を利用する

割引料金
スーパーバリュー759,610円
スーパーバリュー5513,570円
スーパーバリュー4515,770円
スーパーバリュー2816,760円
バリュー117,060円
通常料金29,370円

ANAではあらかじめ予約をしておくと通常料金よりもかなり安い料金で利用する事ができますが、払い戻しができなかったり、便の変更などができない場合もあるので注意が必要です。

こんな人にオススメ

  • 安く移動したい人
  • ANAのマイルなどを貯めている人

ビジネスきっぷを利用する

ANAカード会員限定で「ビジネスきっぷ」という割引制度があります。通常料金よりも安く利用できる上、当日でも割引適応され予約変更可能です。

割引料金
ビジネスきっぷ17,970円
通常料金29,370円

同一路線を2回(往復利用、同一方向2回のいずれも可能)搭乗される場合にのみ購入可能という条件があるので注意が必要です。

こんな人にオススメ

  • 急に飛行機を利用しなくてはならなくなった人
  • 便変更可能な航空券を予約したい人
  • ANAマイルなどを貯めている人

株主優待券を利用する

株主優待券を利用することで通常料金の50%引き便変更可能な航空券を購入する事ができます。

割引料金
株主優待券14,870円
通常料金29,370円

株主優待券は金券ショップなどで1枚約3,000円程度で購入することができるので、合計金額も通常料金よりも安く予約変更可能な航空券を購入する事ができます。

こんな人にオススメ

  • 株主優待券を持っている人/購入する事ができる人
  • 急に飛行機を利用しなくてはならなくなった人
  • 便変更可能な航空券を予約したい人
  • ANAマイルなどを貯めている人

飛行機利用の場合、羽田空港〜神戸空港間の移動時間は一番短いですが、出発地〜羽田空港、神戸空港〜目的地までの時間、空港での待ち時間が必要があるなど移動以外のところに時間がかかってしまいます。

飛行機利用の注意点

  • 出発直前の航空券は高い
  • 空港まで/からのアクセスに時間がかかる
  • 出発までの待ち時間など乗っている時間以外の時間がある

楽天トラベルのANA+ホテルのパックはこちら

高速バスを利用する

なんとしても安く移動したいという場合には、夜行高速バスを利用する方法もあります。

時期や日にちにもよりますが4,000円程度が最安値です。

こんな人にオススメ

  • とにかく安く移動したい人
  • 夜寝てる間に移動したい人

道路状況にもよりますが移動時間が約9時間と長時間。夜行バスなので寝られれば楽かもしれませんが、隣の人がいたり座席も倒せない場合などもあり大変になることも。

注意点

  • 座席が狭い(横4列シートなど)
  • 座席をあまり倒せず寝るのが難しいことも
  • 時期により価格の変動差がある
  • 乗車時間が長い

楽天トラベルで予約する

東京〜神戸間を移動するには?金額・料金まとめ

東京〜神戸料金所要時間備考
通常料金
(のぞみ)
15,490円
(普通車指定席)
2時間36分
EX早特21ワイド
(21日前までの予約)
12,630円
(普通車指定席)
2時間36分一番便利
いま得
(スカイマーク)
7,970円〜1時間20分
スパーバリュー75
(ANA)
9,610円〜1時間20分マイル、プレミアムポイントなど貯めるなら
高速バス
(夜行)
4,000円程度〜約9時間とことん安く!

今回は東京〜神戸間を移動する方法をまとめてみました。

さまざまな割引方法がありますが、乗り換え回数や出発駅へのアクセスの良さを考えると、一番便利なのは「EX早特21ワイド」を利用した新幹線だと思います。

ぜひ神戸に行く際には予約締め切り期限を気にしながら、うまく割引方法を活用してみてください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

tomotabi

北斗星の旅をきっかけに旅行好きになり鉄道・飛行機旅へ| 鉄道乗車記|飛行機の搭乗記|ホテルの宿泊記|お得なきっぷ|を中心に記事を書いています|

-旅のノウハウ